富士山に登りました! – 横浜市旭区の鍼灸・整体なら うさぎ鍼灸整体院[肩こり・腰痛・不妊未妊・逆子鍼灸]希望ヶ丘駅徒歩8分

ここは富士山に登りました!のページです。希望ヶ丘駅徒歩8分 横浜市旭区にある完全個室の鍼灸整体院です。看護師でもある女性鍼灸師が、東洋・西洋医学両方を取り入れて、健康な体を取り戻す為のお手伝いをしています。肩こり腰痛はもちろん、婦人科系の症状や不妊・未妊などの妊活サポート、逆子鍼灸も実績豊富で人気です。

うさぎ鍼灸整体院の電話番号は、045-744-7124です。お気軽にお問合せください。 施術を受ける前にご確認ください。
横浜市旭区希望ヶ丘の鍼灸整体院 うさぎ鍼灸整体院公式LINEからご予約・お問合せ承ります

富士山に登りました!

投稿日:2018年07月31日

こんにちは

横浜 旭区 希望ヶ丘のうさぎ鍼灸整体院のタテノです!

 

7月25日、26日に富士登山にチャレンジしてきました!

富士登山チャレンジまで

 

富士山を外から眺めるのが大好きな私。

富士山を見るたびにパワーをもらえます。

富士山を見られた日にはテンションが上がります!!

 

そんな富士山好きの私。

いつか登ってみたいな、と頭の片隅でほんの少し思いつつ、

体力に自信がないし、

装備をそろえるのが大変そうだし、

富士山を見ることが好きなのであって、富士山に登ったらその姿を見ることができないし、

とチャレンジしない理由をなにかとつけていました。

 

4月のとある日。

毎年夏に富士山に登っている整体仲間の先生から、今年の富士登山のメンバー募集のお知らせがありました。

その時点で日程(7月25日26日)は決まっています。

不定休でやっている私。

せっかくのチャンス。

登山のベテランの先生方もいるし、この日は休んでチャレンジしよう!と決めました~(^_^)

 

登山グッズを揃える

 

登山に関して全くの初心者なので、

まずは登山靴を購入するところから始めます。

 

しかし、

はたして登山靴をどこで買えばいいのかわからない……というホントの初心者っぷり(笑)

 

そこで富士山に登ったことのある友人に相談しました。

 

やり取りをして、登山グッズに関する情報をいろいろもらったのち、

「もしよかったらリュックとかレインウェアとか貸そうか?」

というありがたいお言葉をいただきました!!!

 

装備を一からそろえるとなると結構大変。

なのでお言葉に甘えてお借りすることにしました。

本当にありがたいです~~。

 

そして登山専門のお店に行って、靴をいくつか試着して、

店員さんにアドバイスをもらって、一番しっくりきたものを購入。

いいお買い物ができました!

 

手始めの靴慣らしには、

大池公園(こども自然公園)に歩きに行ったりしましたよ。

 

練習として、山登りをしないとな~、

登山ウェアを揃えないとな~、

と思っていたところ、

さらにありがたいことに、クライアントさんから登山用のズボンをお借りしました!!

ホントにホントに恵まれています!!

ありがとうございます!!

 

ということで、

身なりを完璧にして(笑)、

丹沢山系の大山(標高1256メートル)に練習に行きました。

 

初めて登った大山は、

山登りというよりも階段上りという感じで、

相当疲れました……

しかもお天気が悪く霧が立ち込めていて、

富士山が見えるはずの景色は真っ白……残念((+_+))

 

そして、翌日からしばらく筋肉痛の日々でした(笑)

このままじゃヤバイと思って、自宅でスクワットをしてみるものの、

見事に三日坊主(笑)

 

そうこうしているうちに富士登山の日が迫ってきました。

 

富士登山前に鍼治療

 

ちゃんと登れるのか、

足が痛くなってしまわないか、

他の人に迷惑をかけてしまわないか、

天気は大丈夫か、

持ち物の不足はないか、

と心配が尽きずにかなりドキドキしていました。

 

できることはやっていこう!と思い、

出発前に自分で鍼治療をして、筋肉を奮い立たせます。

負担がかかっても痛みが出ないように、

自分の弱点にあらかじめ置き鍼(シールタイプの鍼)をしていきました。

 

そして登山途中で痛みが出た時のために、鍼を持参します。

 

集合~富士宮口五合目

 

今回のメンバーは東京の先生2人、福島の先生、埼玉の先生、栃木の先生、私の6人です。

隊長の先生が車を出して登山口近くまで運転してくださることになっていて、

15時に赤羽駅に集合です。

 

久しぶりにお会いする先生方、

初めてお会いする先生、

メンバーが全員集合して、いよいよ出発です!

 

筋トレを頑張った方もいれば、登山の練習を重ねた方もいます。

私は登山練習を1回しかできておらず、体力づくりも三日坊主…。

ということで私はだれにも負けない「根性」をあふれるほどに持っていくことにしました(笑)

 

この時点では、ドキドキがあるものの不安は小さくなっていて、

ワクワクが大きくなっていました~♪

仲間の存在って心強いですね!!

 

出発して、

序盤は道路渋滞があったものの、それを抜けてだんだんと緑が多い山に近づいていくと…

なんだか雲行きが怪しい……

静岡県に入ると霧で視界が悪くなったり、フロントガラスに雨粒がポツポツ落ちてくることもありました……

食料を買い込んで18時ころに水ヶ塚駐車場(標高1400メートル)に到着。

 

この時期の富士山はマイカー規制があるため、自家用車では登山口までは行けません。

手前の水ケ塚駐車場に車を止めて、シャトルバスで富士宮登山口まで向かいます。

 

駐車場について荷物の準備をしていても、雨がポツポツ。

暗い雲に覆われています。

シャトルバスの切符売り場のおじさんには、

「今シーズンで一番天気が悪いよ。山が全然見えないもん」と言われてしまいました……

 

ま、きっと大丈夫!と思ってシャトルバスで登山口に向かいました。

車窓からも霧や雨を感じるものの、登っていくとだんだんと視界が開けてきていました。

 

ということで、駐車場から30分かかって、標高2400メートルの富士宮五合目に到着です!!

 

五合目で体慣らし&奇跡の出会い!

 

五合目に到着して、標高への体慣らし兼腹ごしらえの時間です。

ご飯を食べていると、一人の若者に声をかけられました。

チェコからの留学生、マイケルです♪

日本の文化が大好きで日本語を勉強して、留学。

名古屋で経済の勉強をしているそうです。

日本語がとっても上手で優しい人柄。かつ長身イケメン(^^)

意気投合して、一緒に登ることになりました!!

(写真を撮ってくださった副隊長を含めて、合計7名での登山です!)

 

登山口出発!~登頂!!

一時間ほど五合目で体を慣らしたのち、

20時に富士宮登山口を出発しました!

 

もうこの時間は真っ暗なので、ヘッドライトで足元を照らしながら一歩ずつ進みます。

はじめはハイスピードだったみたいで、結構な息切れ&汗ばんできます。

六合目に到着して一休憩。

上着を一枚脱ぐほどでした。

差し入れでいただいたキャラメルを口に入れて、パワーアップ☆

ちょっとペースを落としてもらって、再び出発です。

 

暗いため途中で道を外れそうになりましたが、

すぐに気づいてロープのある登山道に戻ることができました!

 

ホントにすぐに気づいて良かったです(^_^)

気づくことって何より大事だ!と実感しました。

 

新七合目、元祖七合目ととにかく一歩ずつ、登ります。

ちょっと登っては休憩、呼吸を整えて始動の繰り返しです。

 

登っている時は足元ばかりを見ているのですが、

休憩中に空を見上げると、月や星がきれいに見えます。

しかも休憩のたびに空が近づいています。

自分が徐々に高いところに来ているのをほんの少しだけ感じました。

心配していた高山病の気配もなく、このころにはなんだか登山が楽しくなっていました!!

 

八合目に着くとだいぶ寒くなっていて、ダウンジャケットを着こんで、

手袋を二枚重ねにして、防寒です。

登っている時は熱いのですが、休憩で止まった時に風が吹くと結構寒いのです。

 

とうとう九合目に到着!

時間は1時。

ここまでくれば登頂できるめどが経ちました。&御来光にも十分に間に合いそうです。

ということで、長めに休憩を取りました。

寝て体を休める先生もいましたが、私は目がさえちゃって全然眠くなりません。

差し入れでいただいた羊羹やチョコレート、持参したベーグルなどをモグモグとエネルギー補給しました。(こんなに食べ続けているのは私くらい(笑))

 

2時になって九合目を出発しようとすると、

おそらく下の山小屋で過ごして御来光に向けて出発した人々のヘッドライトがたくさん見えました。

見ず知らずに人なのに、共に山頂、御来光を目指している人たちなので、

仲間意識が芽生えてきます。

 

九合五勺の山小屋を過ぎて、

いよいよ山頂!!

 

最後の最後まで険しい道が続きましたが、

何とか山頂に到着できました!!!!!!!(時間は4時前)

 

一緒に登った仲間でハイタッチ~~(^◇^)

 

やりました~!!!!

 

登り切った達成感、

無事に登れた安心感で胸いっぱいです。

 

しかし周囲が暗すぎて、

状況把握ができていないのも事実です(笑)

 

御来光を拝む

 

到着した富士宮口の山頂からは御来光は見えないとのことなので、

見える場所までもう少し移動します。

 

いいポジションで荷物を降ろして、御来光を待ちます。

 

山頂でのご褒美に、と思って持参していた鎌倉名物「くるみっこ」を食べて待ちます。

(また食べてばっかり(笑))

隊長の先生に「今まで食べたくるみっこの中で一番おいしい!」とコメントをいただきました!

達成感の中で食べるのは格別ですね!

元気が出ます!

 

風が強くてとっても寒かったのですが、じっと待っていると

だんだんと空が明るくなってきました。

明るくなって、周りの景色が見えて初めて、

「あぁ今雲の上に立っているんだ」と実感しました。

 

御来光が見えそうなところに雲があったのですが、

副隊長のパワーでどかしてくれました!

 

そして一点の強烈な光が差します。

ついに御来光です!!

ものすごい力の強さが伝わってきました!!

 

自然のパワーに無口になります。

 

あぁいろんな人にサポートしてもらって、

このメンバーで富士山に登れて、

御来光を拝めて、

本当に良かったと感じました。

 

下山:ひざの痛みに鍼治療

 

御来光を存分に感じて、

山頂の神社にお詣りして、

ついに下山です。

 

練習の大山登山で、下山の時に何度も滑って転びそうになったので、

恐怖心があります。

その思い込みからなのか、

私としては登りよりも下りの方がしんどかったです。

 

何度か滑って転びそうになり、

バランスを取るために腹筋、背筋をよく使いました(笑)

 

登ってくる人達とあいさつを交わしながら、

励まし、励まされ、

登りと同様に一歩ずつ進んでいきます。

 

登りと違うのは明るさ。

登りの時は暗くてほぼ何も見えなかったのが、

明るい空の下、植物が見えたり、目指す山小屋が見えたり…

明るい方が安全ですね。

 

途中ひざの痛みが出てきた先生に、鍼治療をしました。

楽になった、とのことで、

お役に立てて良かったです(^-^)

 

下山~温泉で疲労回復

 

5時半頃に下山を開始して、

休憩を取りながら、10時頃に何とか無事に下山できました!!

 

はぁ、無事に登って、無事に下りてこられて本当に良かったです!!

 

名残惜しいですが、ここでチェコ人のマイケルとお別れ。

きっとまたどこかで会えるかな~、

いつかチェコに旅行に行ってみようかな~、

と笑顔の別れです(^-^)

 

素敵な一期一会でした!!

(下山後の安堵の一枚)

 

そして私たちは、

隊長の先生に富士宮の温泉に連れて行ってもらいました!

「富嶽温泉 花の湯」です。

 

炭酸泉で体の芯から筋肉がほぐれていく感じです。

汗を流して、手足を伸ばして、

頑張ってくれた自分の体をいたわって、

ゆっくりとつかりました。

 

静岡~東京へ

 

いざ車で東京に戻ります。

疲れている中、運転してくださった隊長、副隊長、

どうもありがとうございました!!

 

(私は寝てしまいました…ごめんなさい)

 

みなさんと解散してからも、

私はなんだか余韻とパワーが残っていて、

それでも東京、横浜はいつもの平日のようにサラリーマンの方々があふれていて、

帰宅してからも、たった一日しか家を空けてないのにもう何日も大冒険をしてきたような、

そんな不思議なギャップがありました。

 

布団に横になったら、爆睡(-_-)zzz

 

翌朝起きたら、案の定筋肉痛でした。

強がっていえば心地よい疲れです(笑)

それだけものすごい力を使って富士登山をしてきたんだ~という実感を味わいました。

 

富士登山を通じて…

 

今回の富士登山を通じて、

本当に私は周りに恵まれているなということを感じられましたし、

チャレンジを決めたら、先のことを心配しなくてもいろんなことがきっとうまくいくということも分かりました。

仲間の大切さが本当にありがたく、心強かったです!

 

そして、実は

富士登山を終えてから、まだ富士山を見ていません。

 

これまで富士山を外から眺めて、すごいな~と思っていましたが、

これから富士山を見るときに、あのてっぺんに立ったんだ!ということを思うと感慨深いでしょう。

 

最後に……

ニュースで富士山の誘導員の方が低体温症で亡くなられたと読みました。

心よりご冥福をお祈りいたします。

 

私は安全に登って無事に帰ってこられたことに感謝です。

 

 

かなり長いブログになってしまいました…(;^ω^)

最後までお読みいただきありがとうございました!!

うさぎ鍼灸整体院へのご予約・お問合せはコチラから

横浜市旭区 希望が丘の鍼灸整体院 うさぎ鍼灸整体院 ご予約・お問合せ

一覧に戻る