逆子鍼灸の予約が増えています – 横浜市旭区の鍼灸・整体なら うさぎ鍼灸整体院[肩こり・腰痛・不妊未妊・逆子鍼灸]希望ヶ丘駅徒歩8分

ここは逆子鍼灸の予約が増えていますのページです。希望ヶ丘駅徒歩8分 横浜市旭区にある完全個室の鍼灸整体院です。看護師でもある女性鍼灸師が、東洋・西洋医学両方を取り入れて、健康な体を取り戻す為のお手伝いをしています。肩こり腰痛はもちろん、婦人科系の症状や不妊・未妊などの妊活サポート、逆子鍼灸も実績豊富で人気です。

うさぎ鍼灸整体院の電話番号は、045-744-7124です。お気軽にお問合せください。 施術を受ける前にご確認ください。
横浜市旭区希望ヶ丘の鍼灸整体院 うさぎ鍼灸整体院公式LINEからご予約・お問合せ承ります

逆子鍼灸の予約が増えています

投稿日:2018年08月25日

こんにちは

横浜 旭区 希望ヶ丘のうさぎ鍼灸整体院のタテノです!

 

8月後半に入ってから「逆子鍼灸」の予約が増えています。

逆子を治す鍼灸

 

逆子に対する鍼灸治療は古くから行われています。

手足のツボを刺激し、

母体の血液循環がよくなることで骨盤内の血流が増え、

胎動が活発になって、胎児の頭の重みで頭位(頭が下の位置)になるという機序です。

 

妊婦健診で「逆子」と言われて、

自分で調べたり人から聞いたりして、初めて

逆子に鍼灸治療という方法があることを知る方が多いようです。

 

そして鍼灸を初めて受ける方がほとんどです。

 

(ちなみに、当院を知ったきっかけをみなさんに聞いていますが、

「逆子」「鍼灸」「お灸」「治った」「横浜」「旭区」「相鉄線」などのキーワードでインターネット検索をしたそうです)

 

逆子になって初めての鍼灸

 

初めての鍼灸治療で、

「痛いのかな?」「熱いのかな?」「ちょっと怖いな」という緊張があるものの、

みなさん「逆子を治したい!」という強い気持ちをもって来院されるので、

真剣に話を聞いて、真剣に受けてくださいます。

『母は強し』ということをみなさんから実感しています。

そういう強さや覚悟をみると、私もなんとしてでも力になりたいと、より一層気が引き締まります。

 

鍼灸は痛い・熱い・怖い、というイメージがあるようですが、

実際に受けた方の感想は

「思ってたのと違う!」

「全然痛くない」

「(刺激に対して)大丈夫でした~」

というものです。

 

鍼の刺激は、

刺さる時には何にも感じないか、感じてもほんの少しチクっとする程度です。

その後少し深く刺入した時には、鍼の「響き」といって、重たいようなズーンとするような感覚を受けることがあります。この響きの強さは私がコントロールできますので、刺激が強すぎるときは遠慮なくおっしゃってください。

 

お灸は、ごま粒くらいに小さくひねったもぐさを直接皮膚に置いて行うので、

一瞬だけ「熱い」と感じます。

はじめのうちは何も感じない場合もあります。

その場合は熱さを感じるまで繰り返しお灸を行って、

熱さを感じた時に、ちょうどいい刺激が入ったと判断して終えます。

1回目で熱さを感じる方もいれば、

20回くらい繰り返してやっと感じる方もいます。

(冷えている方、血のめぐりが悪く爪が白っぽい・紫っぽい方は熱さを感じにくい傾向があります)

熱さの感じ方は人それぞれですが、

感じるのは本当に一瞬なので、

「こんなにあっという間だと思いませんでした」

「もっと熱いのを想像していました」

という方が多いです。

 

鍼灸治療を終えた後に、

「今お腹がすごい動いています」

「いつもと違う場所で胎動を感じます」

「身体がポカポカしています」

「すごい!久しぶりに爪がピンク色になってる~」

というような反応があり、

「来てよかったです。治った気がします。次の健診が楽しみです」

と言っていただくこともあります(^-^)

(その後、逆子が治ってました!という報告を聞くと、ほんとうに嬉しい気持ちになります!)

 

※個人の感想であり、効果・効能を保証するものではありません。

 

逆子鍼灸の回数、ペース

 

逆子鍼灸は

次の健診まで週2回のペースで受けるのが最適です。

 

次の健診がすぐある方は1回の逆子鍼灸で治った方もいますし、

2週間後の健診までに4回受ける方もいます。

 

仕事の都合で週に1回しか来られない方もいますが、

それはそれで、来れるときに通ってもらえれば大丈夫です。

 

またその間、自宅で毎日お灸をしてもらいます。

お灸は来院時にお渡しし、

お灸をするツボの位置、やり方も説明いたします。

(ライターと灰皿をご自分でご用意ください!)

 

自宅でのお灸の説明をすると、

「私にできるかな?」と不安そうな表情をされる方もいますが、

次に来院された際に、お灸をできたかを確認すると、

みなさんバッチリできたとのこと。

やっぱり母は強しです!

 

逆子が治るのは何週まで?

 

妊娠30週までは、お腹の中で胎児がぐるぐる回っていますので、

逆子と言われても、次の健診までに自然に頭位になっていることが多いです。

 

妊娠30週を過ぎると、

胎児が徐々に大きくなるにつれ、子宮のスペースが狭くなり、

自然に逆子が治ることが少なくなってきます。

 

逆子体操をしたり、

寝る向きを指導されたり、

もしくは外回転術(お腹の上から手で力を加えて、胎児を回転させる)や帝王切開の話も出るかもしれません。

 

当院ではこれまで、

妊娠30週~35週の方が逆子鍼灸を受けられています。

 

妊娠30週より前でも受けることができますし、

36週以降でももちろん受けることができます。

 

逆子鍼灸は手足のツボを使うことが多いですが、

妊娠36週を過ぎ胎児が十分に成長していれば、

骨盤の後ろのツボを使って刺激するのが効果的です。

 

私の恩師は、鍼灸師として50年以上の経験を持つベテランの先生で、

先日も逆子鍼灸についての経験と技術をたっぷりと教わりました。

 

出産間際の最後の最後まであきらめずに一緒に頑張りましょう!!

 

逆子でお悩みなら早いうちにご相談を!

 

暑い時期、寒い時期に逆子のお悩みが増える傾向にあります。

当院でもこの夏、逆子鍼灸の予約が増えています。

 

妊婦健診で逆子と言われて、

治す方法をいろいろと調べて鍼灸にたどり着く方が多いです。

 

それでもなかなか一歩を踏み出せなくて、

調べてみては、

どうしようかな~と悩んでスマホを閉じる…

やっぱり気になってまた調べる…

 

今このページを読んでいる方にもそんな方がいるかもしれません。

 

本当に治るのか半信半疑な気持ち、

痛みや怖さに不安な気持ち、

緊張する気持ち、

きっといろんな気持ちがあると思います。

 

そんな中で、逆子鍼灸を受けてみようかな~と思ったなら、

その時にすぐに行動に移しましょう(^-^)

一歩踏み出して行動すればきっといい結果がついてきますよ!

 

私はその勇気・覚悟を受けて、精一杯心を込めて施術いたします!!

 

LINEでのご予約は24時間受付中です↓↓

お気軽にメッセージを送信してくださいね。

うさぎ鍼灸整体院へのご予約・お問合せはコチラから

横浜市旭区 希望が丘の鍼灸整体院 うさぎ鍼灸整体院 ご予約・お問合せ

一覧に戻る